松村歯科通信|鹿島田駅で歯科をお探しの方は松村歯科まで

子供の虫歯予防

2017.12.22(金)

歯科衛生士 中山

私は、子供の虫歯予防についてお話しさせて頂きます。

 

〈0歳~〉
可愛い前歯が生え始めたら、ガーゼやティッシュで食後に歯を拭いてあげましょう。
歯ブラシを使用し始める前にお口に触れられる練習をさせてあげましょう。

 

〈2、3歳位~〉
上下の前歯4本が生え揃ったら、そろそろ歯ブラシデビューです!
この時期は特に上の歯の歯と歯肉の境目が虫歯になりやすい時期なので歯のつけ根をしっかり磨いてあげましょう。

〈5歳位〜〉
この頃になると『大人の歯』の生える準備が始まります。
『大人の歯』が乳歯を押してくるので(親知らずの生えてくる感覚)歯と歯の間が詰まってきて、歯の間から虫歯になりやすくなってきます。
そろそろデンタルフロス(糸ようじ)を使うようにしましょう。、、、

以上のように年齢ごとに気をつけてなければならない歯磨きのポイントがあります。
松村歯科では、歯の磨き残しを赤く染め出し、その子にあった歯磨き指導をさせて頂いています。
勿論大人の方にも、その方にあった歯磨きの仕方を提案させて頂いています。
松村歯科で、一緒に『カリエスフリー』を目指しましょう。

 

ちょっと、わたくし中山の自己紹介。
KAT-TUN 亀梨和也様の大大ファンなのであります!!
コンサート、ミュージカル、ドラマ映画、、、全て見ています💗
今1番のお気に入りストラップは、ピンクの亀!ストラップです。
一緒にKAT-TUN 愛を語りましょう!

 

 

フッ素を塗る

2017.11.05(日)

今回の担当 歯科衛生士 高田浩美
 
フッ素を塗る=歯質を強くしてむし歯になりづらい歯にしていく、むし歯菌の活動をおさえることができる、再石灰化を促進するのですが、使い方、使う時期を知っていただくことによってより効果を期待できます。
‘乳歯’ はもともと永久歯よりエナメル質が薄くよわいのでむし歯になりやすいです。
定期的にフッ素を塗ることで歯質を強くします。‘生え始めの永久歯’ は歯質が柔らかいのでフッ素を取り込みやすく効果が大変期待できます。‘成人の方’ へのフッ素も有効でむし歯になりやすいところを集中して予防していきます。また歯周病になると歯ぐきがやせて象牙質、セメント質がでてきます。硬いエナメル質に比べるとむし歯になりやすいです。フッ素を塗ることによって象牙質、セメント質を強くすることができますし再石灰化にも貢献します。
 
‘自宅でできるフッ素塗布の方法’ として、歯磨き粉(950ppm)を使う、フッ素入りのジェル(500ppm~970ppm)を使う。フッ素の洗口法(250~900ppm)があります。歯磨き粉を使う方法は歯磨き後のうがいを1~2回する程度で止めておくことによって歯磨き粉の中に入っているフッ素をお口の中に残しておけます。フッ素入りのジェルはもっとも効果の高い方法です。ジェルはお口のなかに長く残ってくれるために予防効果があがります。洗口法はジェルの味やぬめりが嫌いな方はフッ素の洗口剤がお勧めです。歯磨き粉のフッ素効果よりも確実に洗口法のほうがお口の中にフッ素が残ります。
 
一般に購入できるフッ素の種類と濃度
チェックアップジェル(バナナ)
濃度 500ppm フッ化ナトリウム  一回使用量 切った爪程度の量
使用方法 歯ブラシ、綿棒等で塗布。
 
チェックアップジェル(ピーチ、グレープ、レモンティー)
濃度 950ppm フッ化ナトリウム  一回使用量 1~2cm程度、
使用方法 歯ブラシ、綿棒等で塗布。
 
チェックアップジェル(ミント)
濃度 950ppm フッ化ナトリウム、/塩化セチルピリジニウム  一回使用量 1~2cm程度、
使用方法 歯ブラシ、綿棒等で塗布。
 
コンクールジェルコート
濃度 950ppm フッ化ナトリウム、一回使用量 1~2cm程度、
使用方法 就寝前、歯磨き後塗ってから1~2回ゆすぐ
 
ホームジェル(ノーフレーバー、バブルガム、みかん、グレープ、レッドベリー、ミント)
濃度 950ppm フッ化第一スズ、一回使用量 1~2cm程度
使用方法 歯ブラシ、綿棒等で塗布。
 
フッ素洗口剤
濃度 250ppm~900ppm フッ化ナトリウム、一回使用量 計量カップ一杯
使用方法 一回量を口に含み10~30秒くらいうがいをする。
 
‘歯医者で塗るフッ素’ は、一般には購入することができない濃度の高いものです(9000ppm)。3~6ヶ月に一回行います。PMTCやPTC(専用の器具をつかって歯を磨く処置)をしてからのほうがフッ素が歯に取り込まれやすいです。松村歯科では院長がフィンランドに行ったときに買ってきた超高濃度のフッ素(22500ppm)があります。これは初期むし歯に塗るとさらに再石灰化が期待できます。
フッ素を使用する注意点 フッ素は自然界に存在するもので、量を間違わなければ安全なものです。海外ではフッ素の錠剤等も売られているくらいです。歯医者で行うフッ素塗布も自宅で行うフッ素塗布も、使う量の10倍塗ったとしても体には影響がありません。しかし、効果もないので適切な量を適切な時間で使うことがもっとも効果的です。
 
最近私が思うこと・・・特に中学生、高校生は親から手が離れはじめて部活、勉強が忙しく歯医者に来る時間もない。来院したときには大きなむし歯が!小さなときご両親とともに守ってきた歯が・・・悲しいです。一生で一回きりしか生えてこない永久歯をむし歯にしないためにこれからもいろいろな情報を発信していけたらと思っています。
 
最近わたくし高田、お盆のころからスイミングをはじめました。ちなみにカナヅチ(汗)でしたがいまでは25mスイスイ泳げるようになりました。ターンをかっこよくして50m泳げるようにただいま練習中です(*^^)v

松村歯科の歯科衛生士が専門誌に載りました!

2017.11.05(日)

この度、歯科衛生士向けの専門誌『tuft club(タフトクラブ)』に当院の衛生士が2号に渡り掲載されました。
今まで特に力を入れてきたPMTCについての取材です。
取材をしてくださった記者の方々に、私達のPMTCのやり方を大変理解していただいた結果、今回の掲載へと至りました。

当院で現在PMTCを受けている方はもちろん、これから受けてみたいとお考えの方も是非一度記事をご覧下さい。待合室に置いてあります。

また、受付には掲載しているページを飾っております。
お越しの際は目を通してみて下さい。

今後もPMTCを始め、皆様の歯を守るためのお手伝いが出来るよう心がけていきます。
よろしくお願いします!

キシリトールでむし歯予防

2017.11.05(日)

歯科衛生士 鈴木沙奈美

こんにちは歯科衛生士の鈴木です。
今回はテレビなどでよく目にするキシリトールについてお話します。
皆さんは口の中に食べ物を入れると一時的に口腔内が酸性になることをご存知ですか??これは口腔内のむし歯菌が食べ残しや磨き残しから糖分やでんぷんを分解して自分たちに必要なエネルギーを作り、かわりに酸を吐き出しているからです。この酸が歯の表面に付着することによって歯が溶け始めむし歯になってしまいます。その状態を中性に戻す役割を持っているのが唾液です。キシリトールには唾液分泌を促する効果があり、唾液を分泌させることによって溶け始めた歯を元の状態に戻す再石灰化を促進することができます。

またキシリトールは天然素材の甘味料で、白樺の木などから作られています。甘さは砂糖とほぼ同じですが、むし歯の原因となるミュータンス菌の活動を甘味料のなかで唯一弱らせることができるといわれています。歯に優しい甘味料が他にもたくさん存在する中で、むし歯を減らせるのはキシリトールだけ!!キシリトール入りのガムやタブレットを食べるだけで手軽にむし歯予防をすることができるので、歯並びの悪い方や上手に歯磨きができない方にもおすすめです。

むし歯予防効果をもっとも期待できる製品としては、キシリトールが100%含まれているものを選ぶようにしてください。キシリトールの配合量が少ないとそれほど効果は期待できません。

効果的な食べ方は、キシリトール100%配合のガムの場合、1日3回、1粒を毎食後にかみさらに歯磨き前にもかむと効果的です。歯磨き前にかむことによって歯垢を落としやすくする効果があります。また、唾液の分泌量が減るおやすみ前にかむこともむし歯予防に効果的です。ガムをかむ場合は味がなくなってもそのまま5~10分かむようにしましょう。キシリトールは食べると2週間で歯垢が減り始め、3ヵ月ほどたつとむし歯になりにくくなると言われています。最低でも3ヶ月は続けましょう!!

松村歯科ではキシリトール100%配合のガム、タブレットをご用意していますのでこの機会にぜひ一度お試しください。

話は変わりますが以前からの趣味、デコレーションの作品を少しだけ公開させていただきます!素人作品でお恥ずかしいのですが・・・・・・

PMTCの勉強会

2017.11.05(日)

今回の担当 歯科衛生士 鯉渕珠枝

DHの鯉渕です(*^-^*)ご覧いただきありがとうございます。

今回私はPMTC(詳しくは「予防歯科」をご覧ください)を行っていて日頃感じていることを書きたいと思います。

松村歯科のDHは、昨年11月にPMTC の勉強会に参加してきました。初心にかえって手順を一から学び、習得した技術を活かせるように新たな気持ちで気合が入っています!

最近うれしいことに、PMTCを来院目的としていらっしゃる初診の患者さまが増えてきました。それだけ予防処置として定着してきていると感じています。

日々いろいろな患者さまにPMTCを行っていて気がついたことがあります。それは、初めての方と、半年に1度のペースで続けてきているリピーターの方と、汚れの落ち方に違いがあるということです。

初めてPMTCを受けられる方の汚れは、とても『ガンコな汚れ』なのです。一見きれいに見えても、染め出しをすると赤く汚れが染まります。歯と歯の間や歯茎のさかいめ、裏側、奥歯など、だいたい皆さま磨き残しは同じ場所です。けれど、その汚れの落ち方に違いがあります。

リピーターの方の場合は、専用器具を当てた時にスーッと取れるのに対して、初めての方は、なかなか取れず、何度か磨くステップを繰り返し進めていくうちにやっと取れてくる・・・。1時間以内に終わらせるにはちょっと厳しい時があります。

『汚れ』とは、『バイオフィルム(細菌のかたまり)』です。歯科用器具でもなかなか落とせないので、歯ブラシで落とす難しさを痛感します。PMTCでは、その汚れを隅々まできれいに落とし、歯面を滑沢に整えますので、歯がツルツルになり、汚れが付きにくくなる効果もあります。

リピーターの方の汚れが落ちやすくなる理由としては、PMTCを繰り返して行うことで、『ガンコな汚れ』が付きにくくなる。そして、患者さま自身も予防に対しての意識が高まり、歯の磨き方が丁寧になる。
この2つがあるのではないかと私は考えています。

松村歯科では、スタッフ同士でも半年に1度お互いにPMTCを行っています!(^^)! 定期的にプロフェッショナルなクリーニングを受けることは私たちにも欠かせません。
終わった後は歯がツルツルして、物を食べるのがもったいない感じがします。

まだ体験していない方はぜひ受けてみてください。いつまでも自分の歯で、美味しく食べられる健康的な生活を送りたいものです。

私事ですが、茨城県日立市から川崎市に引っ越してもうすぐ4年になります。多摩川が近く、ランニングやウォーキングするにはとてもいい環境です。私も多摩川でのランニングを頑張って始めてみようかと思っています。まずは可愛いランニングウェアシューズを揃えないと(^^♪

1 2